観光

天童織田藩・吉田大八

投稿日:

山形県天童市にある妙法寺には、天童織田藩の家臣・吉田大八公が切腹した『観月庵』があります。

吉田大八は、貧しかった天童藩の武士に将棋駒製作の内職を奨励した人で、今では天童市の名産となっている将棋駒製作の礎を築いた人です。

かつては、武士は内職などはもっての他だったのですが、駒を彫る時の刃物を使う事は、武士として刀を扱う為の鍛練だと言うことで、駒づくりを推奨したとのことです。

 吉田大八(だいはち)(守隆)は、1832年(天保3年)、江戸天童藩邸に生まれる。父は天童藩江戸家老荘左衛門守寛、母は米沢藩士山下歓左衛門の娘文。大八は15歳で父の後を継ぎ、天童藩大目付、武具奉行、養正館督学などの要職を経て1867年(慶応3年)中老に昇格する。要職を歴任する中で、江戸では、安積艮斎(あさかごんさい)等に学び藩校の改革を図り、天童では、藩の財政難対策に取り組んだ。当時、天童藩の財政は困難を極め、下級の藩士ほど生活は苦しく、貧窮にあえいでいた。大八はその救済策の一つとして、藩士が将棋駒を製作することを取り入れた。武士が手内職を営むことについては反対もあったが、「将棋は兵法戦術 に通じ、武士の面目を傷つけるものではない」とし、将棋駒作りを広く奨励した。天童が将棋駒の産地になった由来といわれている。

そんな、吉田大八が何故切腹しなければ行けなかったのか。


 1868年(慶応4年)2月、戊辰戦争において、天童藩主織田信学(のぶみち)は奥羽鎮撫使先導の大役を命ぜられ、中老吉田大八は先導名代となる。官軍であった天童藩は、庄内藩と攻防の末焼き討ちに遭い、鎮撫軍は苦戦。その後、奥羽各藩で結成された奥羽列藩同盟から、大八の身柄引渡しを要求され、大八は米沢藩に自ら捕らえられる。6月18日天童小路の観月庵で切腹して果てる。 享年37歳。天童佛向寺に葬られる。

とあるように、観月庵で切腹をしたのです。

天童市の将棋駒の歴史と幕末の混乱による悲劇。

今では、天童市のシンボルである舞鶴山には吉田大八の銅像が作られ、天童を見守っています。

-観光
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

祝・ギネス認定!日本一の芋煮会フェスティバルに行ってきました!

山形の秋を代表する味覚『芋煮』。 山形では、秋になると河原や公園などに家族や友人たちと集まって『芋煮会』が行われます。 芋煮は里芋と牛肉を醤油だし汁で煮込んだ料理で、山形県では各家庭で作られています。 …

天童1%観光・成り上がりたい人、必見!成生の木(せいりゅうのき)

目次1 名称1.1 関連 名称 成生の木(せいりゅうのき) 山形県天童市成生(なりゅう)地区の道脇に『成生の木(せいりゅうのき)』と呼ばれる気があります。 『成生』その名から、人と成り生まれる、または …

no image

竹の東屋(あずまや)・普及実現に向けて

みなさんの周りに東屋(あずまや)はありますか? 東屋といえば、庭園や公園などに木の柱などでつくられた東屋を思い浮かべる方も多いでしょう。 Wikipediaにはこう記載があります。 四阿(あずまや、し …

第24回平成鍋合戦に行ってきました(山形県天童市)

山形県天童市で開催された平成鍋合戦に行ってきました。晴天に恵まれたイベントは大勢のお客さんが来場していました、 45種類の鍋料理が楽しめるとあってか、各テントには長蛇の列ができていました。 関連

日本一の鍋まつり・平成鍋合戦(山形県天童市)

11月にもなると、気温が下がり寒い日が続き、一雨ごとに冬が近づいてきます。 そんな季節になると恋しくなるのが鍋料理、そんな鍋料理が約40種類も集まるイベント、合戦を繰り広げる日本一の鍋合戦が、山形県天 …