観光

天童1%観光・山寺信仰の玄関?平安時代の石鳥居

投稿日:

名称

清池の石鳥居(しょうげのいしとりい)

由来・云われ

平安時代後期の鳥居といわれ、全国的にも少なく、貴重な文化財だそうです

鳥居は聖地への入口という意味合いがあることから、元々は山寺(立石寺)の方を向いて立っていたと考えられています。

天童市南部の工業地帯の裏手に今もひっそりと佇むその姿は、まさに隠れた名所。

建立時期

平安時代後期

所在地

山形県天童市石鳥居

駐車場

なし

-観光
-, ,

執筆者:

関連記事

花火の街・大曲で花火工場見学

秋田県大仙市は、日本一と呼び声の高い『大曲花火競技会』通称・大曲の花火大会が行われる町で、良質な花火を製産する会社がいくつものある、文字通り『花火の街』です。 そんな大仙市にある花火工場『株式会社花火 …

no image

祝・ギネス認定!日本一の芋煮会フェスティバルに行ってきました!

山形の秋を代表する味覚『芋煮』。 山形では、秋になると河原や公園などに家族や友人たちと集まって『芋煮会』が行われます。 芋煮は里芋と牛肉を醤油だし汁で煮込んだ料理で、山形県では各家庭で作られています。 …

天童1%観光・歴史マニアにはたまらない!?舞鶴山で今でもは織田信長と明智光秀が睨み合う!?

天童市の中心に位置する『舞鶴山』、市民憩いの場として、また将棋の街ならではのイベント『人間将棋』の会場として、年間を通して多くのひとが訪れる場所です。 そんな舞鶴山、実は戦国時代の超有名人である、『織 …

天童1%観光・成り上がりたい人、必見!成生の木(せいりゅうのき)

目次1 名称1.1 関連 名称 成生の木(せいりゅうのき) 山形県天童市成生(なりゅう)地区の道脇に『成生の木(せいりゅうのき)』と呼ばれる気があります。 『成生』その名から、人と成り生まれる、または …