アウトドア

BBQで使う炭の種類

投稿日:

バーベキューといえば「炭」。ホームセンターなどでは様々な炭が売っていますが、それぞれ着火のし易さや燃焼時間が違うなど、初心者ではどれを選んで良いのか悩みどころ。

目的にあった種類や必要となる木炭の量など、しっかり把握していれば楽しいバーベキューになること間違いなしです。

「木炭」の画像検索結果

 

バーベキュー炭の量は1人1キロまたは1時間1キロ

バーベキューに必要な炭の量は、3~5人用の一般的なバーベキューコンロサイズの場合、1時間または大人1人または1時間1キロが基本です。

【例えば…】

・家族3人で3時間楽しむ場合は、3キロ程度

・3人以上で、5時間楽しむ場合は10キロ

このように、バーベキューコンロの数とBBQの火が持ってほしい時間で炭の量を考えましょう。

※あくまで一般的な必要量ですので、炭の質やコンロの大きさなどによっても変わってきます。

ただ、バーベキューの途中で炭がなくなるのは避けたいので、少し多めに見積もった量を意識して準備すると安心ですね。

ホームセンターで売られているような炭は、3㎏500円前後。マングローブ炭といわれる着火しやすいタイプの炭なので、初心者にはおすすめです。炭の種類に関しては、後ほど詳しく説明いたします。

備長炭のような高い炭だと1500円前後するうえ着火がしにくいので、最初は本番で使いやすい炭を選ぶのが良いでしょう。

【用途別・木炭の種類】

バーベキュー炭の種類で燃焼時間が異なる!

バーベキューの炭は、種類によって燃えている時間が違います。

●黒炭・切炭

ホームセンターなどで売られている炭はたいてい黒炭です。着火から2時間程度の燃焼時間を保つことができます。

●白炭・備長炭

金額が高く、燃焼しにくいのが特徴の炭です。着火してからおよそ8時間程度、火力を保ち続けることができます。炭の質によって燃焼時間が異なってくるので、必要な量を考える際の参考にしてみてください。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

ガーデニング初心者の挑戦・芝生の目土

我が家の芝生は家を新築した際にホームセンターから高麗芝を束で買ってきて家族で植えました。 そんな芝生の手入れで定期的に必要になってくるのが『目土』(めつち)です。 芝がはげたところや、でこぼこになった …

ガスグリルでバーベキュー

炭火とガスどっち派? バーベキューといえば、炭火の遠赤外線効果でじんわり焼く感じが雰囲気を醸し出してくれます。 ただし、炭に火を付けて火力を安定させるまでに結構な時間がかかります。 炭火を起こす事も屋 …

車でスマホ充電!オードキャンプにも便利!DCインバーター

シガーソケット用DC12Vインバーター 最近はスマホやタブレットなど、USB充電の機器が増えてきています。 特にスマホ等は、ガラケーに比べて充電の持ちがあまり良くなく、丸一日充電が持たない場合があり、 …

ガーデニング初心者の挑戦・芝刈りのコツ

芝刈りは芝生の管理において最も重要な作業です。芝刈り作業を定期的に行うことで雑草の予防・生長を防ぐこともできます。 とはいえ、週末くらいしかガーデニングに時間がとれないと、なかなか細めな芝生の管理は難 …

バーベキューこれだけあれば大丈夫!

家族や友人、気のおけない仲間たちと楽しむキャンプやバーベキュー。アウトドアになれている場合は気軽にBBQができますが、はじめての場合や、いつも人任せだったりだと、いざ自分でやろうとした時に 「何を準備 …